立命館大学 社会学部 人間福祉専攻 4

立命館大学 社会学部 人間福祉専攻 

※この書類を外部に流出させることを固く禁じます。
 私は貴学で社会福祉士になるための学問や技術を学び、将来は新しい形の共生型施設を開設したいと考え、貴学産業社会学部人間福祉専攻への入学を志望する。
 私は高校1年時からフィリピンのストリートチルドレンを支援するAWPSに所属している。また、高2時には総合学習で「日本の子供の貧困」についての論文を書いたことがある。それを機に将来日本の福祉に携わる仕事に就き、少しでも貢献したいという思いが強くなっていった。大学卒業後は社会福祉士として働きながら、共生型施設を運営し、「子ども」「高齢者」「地域」が連携し合えるような場所を提供したい。この3つがうまく連携出来れば、子どもの貧困や放課後のケアも、高齢者の雇用や心身の健康も、地域の活性化や安全・防災もすべて解決していくのではないかと考えたからだ。段階を踏まえ、教育や伝統文化や観光が絡んだ企画を立てたり、保護をした犬や猫で人の心の治癒をしながらペット遺棄問題の解決にも取り組んだりと利潤を求めない社会貢献をしていきたい。
 貴学部では、「現代化」「総合化」「共同化」を掲げ、民主的な人間関係を育みながら社会問題の解決していくことができる人材の育成を目的としている。このポリシーに共感した私は貴学部への受験を決めた。入学後は「社会福祉概論」や「地域福祉論」で福祉現場の現状を学び、理解を深めたい。ゼミでは、石倉先生のもとで社会福祉士に必要な学問を学びたい。もしくは、岡田先生のもとで地域福祉や臨床研究を学び、施設の立ち上げに繋げたいと考えている。フィールドワークにも積極的に参加し、社会福祉士に必要な対話力や課題発見力・課題解決能力を培っていきたい。また、貴学部はクロスオーバー・ラーニングが可能である。福祉を多角的に学んでいきたい私にとって最適な学びの場であると確信している。以上の理由で私は貴学産業社会学部人間福祉専攻への入学を志望する。

質問などがある場合は、お気軽にご連絡ください。LINEまたはチャットにて対応させていただきます。

相談する

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。